フレッシュデポ製造の“さぬきうどん”。おいしさをお客さまにお届けするまでに、
たくさんの
こだわりがかくれています。原料の仕入れ先から販売までをズームアップ!


商品写真

 

讃岐うどん(生)詳細

 

 

おいしい原料にこだわっています。
1.原料の厳選 line “優れた商品は優れた原料から” 当社では、小麦本来の風味を引き出し、弾力・モチモチ感に非常に優れた当社独自のブレンド粉を使用しています。
↓
おいしい加工工程にこだわっています。
2.ミキシング/ line ミキシンブで重要なのは、粉と水とが均一に混合し合うことです。また、真空ミキサーを使用することによって、しっかりした麺にします。
↓
3.熟成・プレス/昔ながらのさぬきうどんの製法をそのまま実現しています。
第一次熟成麺を鍛えます。足踏みの原理で無理な力を与えず、徐々に均一な圧力を加える事で、グルテン組織を守りながら、弾力のある強い生地に仕上がります。

第一次熟成:小麦粉が 塩水でミキシングされた時 小麦粉の粒子1粒1粒に完全均一に水分を浸透させます。

足踏みの原理:足踏みによって生地を鍛える工程は、科学的には「グルテン組織」形成のための行為。短時間で生地全体に均一に圧力をかけることで、 美味しい麺のカギ、グルテン組織を破壊する事無く、完璧に形成するプレスです。 

熟成・プレス工場写真
↓
4.熟成/本来のコシとなめらかさは熟成によってうまれます。
第二熟成をすることによって、澱粉とは違った独特の弾力感を引き出します。(さぬきうどんのモチモチ感、弾力のあるコシは熟成工程がカギとなります)

熟成の効果:プレスにより鍛えられたばかりの生地のグルテンは張り詰めた状態で、更に連続して力を加える(鍛える)と グルテンの組織はその力に耐え切れず 破壊、切断されてしまいます。必ず生地を休ませてグルテンの緩和を図る事が大切です。また、小麦粉の中には酵素が含まれています。この酵素が程よく働くと、良い状態のうどん生地となりますが、働きすぎると 生地がダレた状態になります。従って適切な熟成時間の設定が非常に重要となります。

熟成工場写真
↓
5.圧延/手打ちの製法をそのまま再現します。
通常の麺は麺帯を徐々にうすくしていきますが、当社では1枚1枚十字方向に麺帯を伸ばすことによって、グルテン組織の破壊を防ぎ麺にコシをだします。 圧延工場写真
↓
6.カット/1本1本包丁切りでカットします。
1本1本包丁切りすることによって、
カドのある、のどごしのよい麺になります。
カット工場写真
↓
生うどんはここからパックします。
7.ボイル/麺のゆでかげんで美味しさが決まります。
外気条件が変わるなかで、ゆで加減を一定にすることが技術です。
↓
8.冷却 ゆでた麺は即時、冷却します。 冷却工場写真
↓
ゆでうどんはここからパックします。
9.冷凍/アルコール凍結で通常のブラスト凍結に比べ、早く凍結。

ブラスト冷結で急速冷凍をすることにより、品質を長時間維持することが出来ます。

また、これまでの凍結方法に比べ、約半分の調理時間でおいしくゆであがります。

冷凍工場写真
↓
10.包装・販売/徹底した品質管理で安心をお届けします。
  梱包は、清潔に、効率的に行なっています。また、徹底した品質管理により、信頼のおける製品を食卓へお届けしています。

お客様においしいさぬきうどんを提供するために…

 

讃岐うどん(生)詳細

 

 

ご購入はこちらから

 

HOME